ユリ熊嵐 (上) 【小説版】
出版社 幻冬舎コミックス
作者 幾原邦彦 伊神貴世 高橋慶 森島明子
発行形態  書籍
最終巻発売日  2015年01月23日
カテゴリ ライトノベル 一般書籍
タグ -
関連ニュース 道満晴明、濱元隆輔ら4作家...
「ユリ熊嵐」アニメの初期...
月刊バーズ&WEB誌・デンシ...
「ユリ熊嵐」クマ出没注意T...
つぶやく
対応端末

あるとき、宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発した。
こなごなになったクマリアが流星群になって地球に降り注ぐと、何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し、人類に襲いかかった!『ヒトVSクマ』クマはヒトを食べ、ヒトはクマを撃ち、果てのない戦いと憎しみの連鎖。やがて、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ、互いに不可侵な状態となった…。

ヒトの世界。
ある朝、嵐が丘学園の生徒、椿輝紅羽(つばき くれは)と 泉乃純花(いずみの すみか)は二人きりで花壇に咲いた「百合の花」を見ていた。二人は『友だち』であり【恋人】。花壇は二人にとって大切な場所なのだ。見つめ合う二人。そのとき【クマ警報】がけたたましく鳴る!クマがヒトの世界に侵入し、ヒトが襲われたのだ!
そのクマは果たして…? 謎が謎を呼ぶ怒涛の連続!

「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」幾原邦彦監督、TVアニメ最新作「ユリ熊嵐」を完全ノベライズ!!

 
1冊単位で買う
 
ポイント5% 69pt
1,500 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ