凍る月~漆黒の情人~
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 竹書房
作者 夜光花 高橋悠
レーベル ラヴァーズ文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2015年01月30日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

二十歳になったら死ぬ子供…。そう予言された光陽(こうよう)が、間もなく二十歳を迎えようとしていた。予言を知らず、家の中に閉じ込められるようにして育った光陽は、祖父と約束した「二十歳になったら自由にしていい」という言葉を信じ誕生日を楽しみにしていた。しかしある日、光陽の前に美術愛好家の梁井(やない)と名乗る男が現れる。梁井は光陽を屋敷に呼び寄せ、「契約」を取り付けようとしてくる。「契約」の内容はとても屈辱的なもので、光陽には耐えられそうになかったが、「お互いが死なない為に必要なこと」だと言われ……。神か悪魔か…。謎の男に貪られてゆく…。

ポイント3% 17pt
616 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ