なぜか笑介(しょうすけ)(3)
出版社 小学館
作者 聖日出夫
掲載雑誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年03月09日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/契約更新▼第2話/チーム・ワーク▼第3話/サボる▼第4話/社訓▼第5話/慶弔金▼第6話/昼食▼第7話/サラ金▼第8話/酒▼第9話/ライフ・ワーク▼第10話/新年会●登場人物/大原笑介(五井物産・食品事業部食品3課社員)、森川(五井物産・食品事業部食品3課課長)、高山時也(五井物産・食品事業部食品3課係長)、花園(五井物産・食品事業部食品3課社員)、泉今日子(五井物産人事部社員)●あらすじ/高山と飲んでいた笑介たち。つまみに高山は、彼の取引先のアラレ・コロンを注文する。「プライベートに取引先の商品だからと仕事を持ち込むのは古い考え」と笑介に言われた高山は彼を殴ってしまう。実は、アラレ・コロンを売る中世食品は、一時高山の努力もあり食品3課で大得意先だったが、最近ヒット商品もなく契約は更新しない予定になっていたのだ。そんなことがあった後日、笑介は、課長から室町食品の小麦粉の扱い量を増やすように命じられる。が、室町食品の竹下部長は話をごまかしてしまいなかなか進まない。そこで笑介は、竹下部長たちとあるレストランで食事をする。笑介がよく行くと嘘をついたその店は、室町食品が商品を下ろしているチェーン店だった。竹下部長は笑介の熱心振りに感激し、増量の契約に承諾する(第1話)。▼室町食品との増量契約に大森部長は大喜び。しかしこの仕事を成功させた担当でありながら、なぜか部長に冷たい態度を取られ笑介は少々不満顔。それを見た高山は「組織にスタープレーヤーはいらない」と笑介を諭す。そこへ室町食品から増量契約記念に草野球の試合を申し込みが来た。早速課員たちは構成を考え始めるが、どうしてもメンバーが一人足りず、運動オンチの笑介が加わることになった。試合当日、五井が勝ったらさらに増量するという部長の宣言に張り切る五井の面々。試合はライトを守っていた笑介のミスで室町に1点リードされてしまう。5回に2点をいれた五井側だが、捕手役の高山が突き指のため、笑介と入れ替わり迎えた最終回。3塁には同点ランナーの竹下部長がいる。笑介は…(第2話)。●その他の登場人物/竹下室町食品部長(第1話、第2話、第5話、第7話)、川辺縄文食品専務(第4話)、大森部長(第6話、第7話、第8話、第9話)

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
だから笑介 漫画

だから笑介 漫画だから笑介 22 冊セット全巻
11,880円
▼第1話/係長誕生▼第2話/部下▼第3話/業務命令▼第4話/婚約指輪▼第5話/取り調べ▼第6話/今日子さん、大好き!▼第7話/一枚...
詳しく見る
このページのTOPへ