なぜか笑介(しょうすけ)(6)
出版社 小学館
作者 聖日出夫
掲載雑誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年03月09日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/ブレーン▼第2話/ライバル▼第3話/終電▼第4話/組織▼第5話/情報▼第6話/グチ▼第7話/会議▼第8話/マナー▼第9話/電話▼第10話/休日▼第11話/新人研修●登場人物/大原笑介(五井物産・食品事業部食品3課社員)、森川(五井物産・食品事業部食品3課課長)、高山時也(五井物産・食品事業部食品3課係長)、泉今日子(五井物産・人事部社員)、長谷伸子(五井物産・経理部社員)●あらすじ/3課のいつものメンバーで飲みに出掛けた笑介。その席で高山は、30代までに確かな情報を提供するブレーンを持つことが営業マンは大切、と諭す。そして後日、朝一番から緊急会議が行われた。議題は華僑の王氏という人物が来日することが決まり、その人物と中国大豆の事業をまとめるため、事情通を用意することだった。しかし、課長をはじめ課員たちには中国通のブレーンはいない。笑介は華僑関係の中国通の文化人たちを探し始め、あるパーティに出席するため評論家の橋本氏が上京中との情報をつかむ。パーティ会場には300人以上も出席し、出席者も橋本氏の顔を知っている人が少ない。そこで、笑介は手当たり次第に名刺を配り始めるが…(第1話)。▼笑介が担当している室町食品に、四星商事の小倉が挨拶にやってくる。笑介と同い年のライバル出現だ。ある日、笑介は高山から引き継いだ平安フーズに出向いていると、小倉とバッタリ。彼も平安フーズの担当だったのだ。小倉は、笑介に勝利宣言をしてその場を立ち去る。実は、平安フーズ社長から、バーガー類のチェーン店事業を始めるため、小麦の見積もりを提出して欲しいといわる。しかし五井物産が提示した金額が、四星商事より高額だったのだ。課長からは値段は下げられないといわれ、焦る笑介。しかも、毎日平安フーズへ出向くが、社長は四星商事の接待で不在が続き会えずにいた。ようやく社長から連絡が入り、料亭で会う約束をとりつけた笑介。課長からは見積もり金額を変えずに交渉するようにいわれた笑介だったが…(第2話)。●その他の登場人物/木下人事部長(第1話、第11話)、竹下室町食品部長(第2話、第7話)、山川平安フーズ社長(第2話)、小倉四星商事の社員(第2話、第5話)

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
だから笑介 漫画

だから笑介 漫画だから笑介 22 冊セット全巻
11,880円
▼第1話/係長誕生▼第2話/部下▼第3話/業務命令▼第4話/婚約指輪▼第5話/取り調べ▼第6話/今日子さん、大好き!▼第7話/一枚...
詳しく見る
このページのTOPへ