ムカデ戦旗(4)
出版社 小学館
作者 森秀樹
掲載雑誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年03月16日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/狙撃▼第2話/三年秘喪▼第3話/信玄、死す▼第4話/武田屋形▼第5話/拷問▼第6話/お市の方▼第7話/鬼▼第8話/歩き巫女▼第9話/長篠城●登場人物/左吉(山に入る忍びを取り締まる“金縛り”であったが、金掘り衆の新しい頭に)、てん(ムカデの大頭に直接情報を伝える“耳走り”。左吉に思いを寄せている)、武田信玄(甲斐の国の武将)、武田信廉(信玄の弟。信玄の影武者を務める)●あらすじ/京都へ向かう途中、野田城を攻めていた信玄は、ある夜、銃の名手・鳥居三左衛門に狙撃される。弾は信玄の頬をかすめただけであったが、真夜中の狙撃であったため事実がはっきりとせず、信玄の生死に関する噂が両陣営に流れる。そんな中、信廉は、信玄の影武者を狙撃によって死んだように見せかけ埋葬する。「おかしなことをするな……」。信廉の動きを知った左吉はてんとともに行動を開始する(第1話)。●その他の登場人物/、サル(後の豊臣秀吉)、ぬえ(信長に仕える謎の女)、織田信長(天下を狙う武将)、金蔵(金掘り衆の先代の頭の息子。左吉を憎んでいる)●本巻の特徴/京都へ上り、天下へ号令しようとしている信玄の野望はどうなる!?

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ