小説花丸 淡雪の匂い 第二話 溺れて…
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 白泉社
作者 塔栄のりこ 周防佑未
掲載雑誌 小説花丸
レーベル 小説花丸
発行形態  書籍
最終巻発売日  2015年05月15日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

「すごくすごく心配なんだ。洋介はかわいいから、他のヤツに、いつか、さらわれてしまうかもしれないって、すごく苦しくなるんだ」初めて知る悦びの時間……。だが、姉の男友達を盗ってしまった洋介の胸の裡は、罪悪感に蝕まれる。「そんな眼を、他の誰にも、絶対に見せたくない」求められて、いじらしい少年の初めてのむせび泣き。 東北弁も初々しい、一途でひたむきな恋の連載小説。(「淡雪の匂い 第二話 溺れて…」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.11に収録されています。重複購入にご注意ください)

ポイント3% 6pt
216 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ