黄昏流星群(49)
出版社 小学館
作者 弘兼憲史
掲載雑誌 ビッグコミックオリジナル
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年06月05日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

30年会社勤めをしている野村伸一は、上司に評価されずいまだに係長。
はっきりと「会社には要らない人間だ」とまで罵られ悶々としている矢先、妻の不倫、そして娘二人の非行の事実を知ってしまう。
呆然とする野村は、ふいに“働きアリの法則”を思い出す。
働きアリの集団は、20%のよく働くアリと、60%の普通のアリと、そして20%の怠け者のアリで構成されているという。
普通のアリだけのグループを作っても、その中でまた同じように自覚的に働くアリと怠け者のアリが出現し、比率は延々変わらないのだとか。
“自覚するアリ”になろうと、会社に辞表を出し、妻に別れを告げた彼の前に、自らを「神様」と名乗る美女が現れ…!?

男の絶望と再起を描く表題作「人生再星の詩」と、父の死後、かつての父の恋人と共に“父の隠し預金”を探すことになる男の物語「星の絆」の2編を収録!

どちらも、「あの頃思い描いた未来」とは違う今を生きる男の物語です。

人生の道の途中、立ち止まり、自分の足跡を振り返る…そんな時にそっと背中を押してくれる“恋”が描かれています。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
島耕作セット 漫画

島耕作セット 漫画島耕作セット (全76冊)
41,040円
(5.00点/1件)
■「課長島耕作」 入社10年、33歳の若さで初芝電産広告製作部の課長に昇進した島耕作は、日々の仕事に情熱を燃やしていたが、...
詳しく見る
このページのTOPへ