公家侍秘録(3)
出版社 小学館
作者 高瀬理恵
掲載雑誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年06月19日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/野分▼第2話/袴垂(前編)▼第3話/袴垂(後編)▼第4話/黄泉送りの鐔(前編)▼第5話/黄泉送りの鐔(後編)▼第6話/夢の名残▼第7話/貴船川の姫君(前編)▼第8話/貴船川の姫君(後編)●登場人物/天野守武(小禄の公家・日野西家に仕える公家侍にして、日野西家に代々伝わる名刀・粟田口久国を守る“刀守り”)、日野西薫子(日野西家のひとり娘。いつもわがままを言っては守武を振り回している)、日野西晴季(日野西家の当主) ●あらすじ/貧乏公家・日野西家に仕える守武は、家計の維持のために内職口を探していた。やっと見つかった「かるた書き」の内職を引き受けた帰り道、美しく高貴な女性がスリにあうところに遭遇。すんでのところで事無きを得たものの、同行してきた薫子が、女性の持っていた包みとかるたの包みを取り違えて持ってきてしまう。しかもその中身は、なんと「春画」! 内職のかるたを取り戻すためには、この春画の持ち主を探さなければならないのだが、春画は幕府によって禁じられているため、届け出ても持ち主は現れそうにない。しかし…(第1話)。●本巻の特徴/徳川期の京都を舞台に描かれる本格時代劇サスペンス、待望の第3集!

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ