• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

誰が龍馬を殺した!坂本龍馬暗殺の実行犯と黒幕は?藩の立場、個人の状況、歴史的因縁から考える。10分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 潮美瑶 MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2015年07月03日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

10分で読めるミニ書籍です(文章量12,000文字程度=紙の書籍の24ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。

書籍説明文

幕末の風雲児坂本龍馬は、百年先の未来を見据えながら、明治維新を目前にして、暗殺された。
誰が、坂本龍馬を殺したか? 
新選組という説もあれば、見廻組という説もある。
どちらにしろ、徳川幕府側が、倒幕派の中心人物である龍馬を暗殺したことに変わりはない。
しかし、幕府は、龍馬を殺す必要があったのか?
龍馬の存在が邪魔になる者が、他にいたのではないか?

目次 
一、龍馬の生い立ち
二、龍馬暗殺
三、暗殺実行犯は、新選組か?
四、暗殺実行犯は、見廻組か?
五、暗殺の黒幕は、松平容保か?
六、誰が、暗殺の黒幕か?
七、関ヶ原の恨み
八、結論
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
322(税込)