ハヤテのごとく!(8)
出版社 小学館
作者 畑健二郎
掲載雑誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年07月08日
カテゴリ 少年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/Good,or Don’t be▼第2話/おまえンち▼第3話/ナーギーズ エンジェル フルスロットル▼第4話/ニュータイプになれない僕らは決して理解しえないエレベーターアクション▼第5話/やきもちとか焼かれたてジャぱん▼第6話/Running to horizon▼第7話/輪舞[ロンド]一revolution一▼第8話/なぜ毎回もののけの再放送を観てしまうのだろう。DVDまで持っているのに…▼第9話/プロジェクト伊澄~挑戦者たち~ 今夜はスカートにかけた女たちの物語です▼第10話/130センチのダンディーと僕の地球を守って!ダーリン▼第11話/昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました

●主な登場人物/綾崎ハヤテ(1億5000万円の借金を背負い、ナギに執事として仕える16歳。不幸さ加減なら誰にも負けない自信あり)、三千院ナギ(超お金持ち・三千院家の一人娘。13歳。ハヤテに愛の告白をされたと思い込む)
●あらすじ/昨夜の数々の気まずい出来事から、ハヤテの顔を見られないというナギ。それを察したマリアから、しばらく外泊するよう言われたハヤテは、3日分の宿泊費として100万円を渡される。庶民の金銭感覚ではありえない高額なのだが、いざ町へ出てみると、なぜか予想外の出費がかさんでいき…?(第1話)
●本巻の特徴/三千院家から3日間の休暇が出たハヤテだが、もらった宿泊費がなんだかんだで宿泊前に消滅! 屋敷にも戻れず、なんだかんだでヒナギクの家に泊まることになって…?
●その他の登場人物/マリア(三千院家のメイド。美人で面倒見のいい17歳)、タマ(三千院家のペット。人語を話すトラ)、桂ヒナギク(白皇学院の生徒会長。才色兼備)、桂雪路(ヒナギクの姉。白皇学院の教師だが、かなりのダメ大人)、西沢歩(ハヤテの元同級生。特徴がないのが特徴な娘)、橘ワタル(橘グループの御曹司で、一応ナギの許嫁。13歳)、貴嶋サキ(橘家のメイド。うっかり屋)、鷺ノ宮伊澄(ナギの親友。世間知らずの天然お嬢様)、愛沢咲夜(ナギの親戚で幼なじみ。お笑いに厳しい13歳)

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 12pt
432 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

こちらのコミックもチェック
ハヤテのごとく! 第0巻 漫画

ハヤテのごとく! 第0巻 漫画ハヤテのごとく! 第0巻
432円
単行本未収録のハヤテの漫画が満載の1冊。カラー4コマ60ページに、DVDの特典の全9話の漫画に、連載前に描かれたプロトタイプ...
詳しく見る
畑健二郎初期作品集 ハヤテのごとく!の前 漫画

畑健二郎初期作品集 ハヤテのごとく!の前 漫画畑健二郎初期作品集 ハヤテのごとく!の前
432円
ハヤテのコミックス・カバー裏でおなじみの神様が活躍するデビュー作『神様にRocketPunch!!』に、ハヤテの元クラスメートの...
詳しく見る
このページのTOPへ