はなだま人魚
出版社 白泉社
作者 沙野風結子
レーベル 花丸
発行形態  書籍
最終巻発売日  2015年09月04日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

相次いで親を亡くした帆高兄弟は、身体の弱い弟・八尋の治療費をまかなうため、兄の正梧が教師を道を諦めて宝石店に奉公していた。兄に申し訳なく思う八尋だが、正梧は宝石商の一人娘と婚約する。「──おにぃを、盗られる」兄への独占欲に苦しむ八尋は体調を崩してしまう。ある日、正梧は真珠の不作原因を調べるべく、母の生まれ故郷・常月島へと赴く。亡き母から海に近づくなと厳命されていた八尋も後を追うが、真珠の元締めである常月芳朗からいやらしい視線を送られて……!? 大正を舞台に紡がれる、妖しき兄弟の物語!!

ポイント3% 21pt
781 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ