北斗七星(4)
出版社 小学館
作者 青柳裕介
掲載雑誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックス
発行形態  コミック
最終巻発売日  2015年09月25日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

▼第1話/海に生きる▼第2話/海という戦場▼第3話/今、海は…▼第4話/果てなき闘争▼第5話/漁労長の仕事▼第6話/危機▼第7話/紙一重の死線▼第8話/海と戦う人間たち▼最終話/そして海へ●主な登場人物/荒やん(根っからの海の男だが、目を患って漁師をやめ、水産訓練校の教師として生きることを決意)、吉岡(長年訓練校に勤めるベテラン教官)、今井・佐藤・山地・小島・所谷・佐伯(訓練校の生徒達)、タモツ(荒やんを慕う若い漁師)、寿美(荒やんの妻。掴みどころのない一風変わった女)●あらすじ/荒やんは規律のない訓練校の生徒たちに海の掟を教え込もうと、船上のリーダーとなる漁労長を生徒自身に決めさせる。投票によって選出されたのは今井だった。絶対の権限を持つことになった今井は、調子に乗ってやりたい放題。そして、2メートルの波があるにも関わらず、洋上実習に出ることを決めてしまうのだが…(第5話)。▼洋上実習に出た荒やんと生徒たち。ようやく漁労長の責任の重さに気づいた今井だがほかの生徒たちの手前、今更後にはひけない。半ばヤケになりながら、漁を続けるのだった。その作業中、所谷が延縄を海に落とし、それがスクリューに絡まってしまう。ミスを罵倒する今井に掴みかかっていく所谷。そのいさかいが更なるトラブルを引き起こし、船は操縦不能になり、無線機も使用できなくなってしまう。と、その時、雷を伴う雨雲が船に迫って来た!!(第6話)●本巻の特徴/操縦不能に陥った船に嵐が迫る!! 生徒と荒やんの運命は!? 感動の完結編。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 15pt
540 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ