日々ごはん(6)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 アノニマ・スタジオ
作者 高山なおみ
発行形態  書籍
最終巻発売日  2015年10月09日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

進んだり、戻ったりしながら、日々は続きます。『日々ごはん』(1)~(12)の続きは、『帰ってきた日々ごはん』として2015年発売。

<ある日の日記より>
りうが起きてきて、「シルバー人材センター、今日ってやってるかなあ?」と寝起きの顔で言う。「スイセイに聞いてみな」と私が答えたその時、初めての感情が湧いた。私は年増の母親で、娘盛りのりうはみずみずしい。私は髪をふり乱して窓なんか拭いているが、娘の成長を見るだけで嬉しい。家族だから、ドキドキするような告白するような気持ちではなく、ただ鈍く、そんな嬉しい気持ちが体の底にあった。私はりうと血が繋がっているわけではないし、スイセイとも繋がっているわけではないけど、家族というのは、想うだけで家族になれる。りうが小学校四年生からのつき合いだけど、私は得したなと思う。朝ごはんはお雑煮、酢ごぼう、ハム、千枚漬け、半熟煮卵、人参塩もみ、焼き玄米餅。

 
1冊単位で買う
 
ポイント4% 44pt
1,188 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ