「見えないもの」を大切に生きる。 生活と心を調える禅的思考のすすめ

  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 幻冬舎
作者 平井正修
レーベル 幻冬舎単行本
発行形態  書籍
最終巻発売日  2015年12月11日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
対応端末

自信が持てない。やりたいことが見つからない。何をやっても充実感がない。人を許せない。年をとるのが怖い。人が妬ましい。片付けができない。SNSの「いいね!」が気になって仕方ない……。
日々、悩みが尽きないのは、「自分にとって大切なものがなにか」を見失っているから。
モノと情報が溢れる現代では、意識しないと、混沌の底で「断ち切れない」「捨てられない」ものにとらわれ、大切なものを取りこぼしてしまうことに――。
大切なものと、そうでないものを見分けられるようになれば、きっと変わります。
実は、大切なものほど、目には見えません。
本当の幸せは、見えないものの中にあるのです。
○言葉やものが心を満たしてくれるのは一瞬。言葉やものを欲しがらないこと。
○大切な心理や教えほど、文字や言葉にはできません。
○確かなものなど何もないのだから、「見えているもの」「そこにあるもの」にこだわらない。
○大切なものは変わっていくのだから、「大切だな」と感じが瞬間を蔑ろにしない。
○感情に、綺麗も汚いもない。怨みを知ることで、許すすばらしさに気づくかもしれない。
○目に見える物には「見えない思い」がついている。「思い」を断ち切りたいなら、「もの」を捨てる。
○正解と不正解にこだわらない。
○SNSで「いいね!」を集めて満足しない。
○五感を働かせる。
○「縁」たを大切にする。
○もったいないと思う心を大切にする。

大切なものを見る「目」を身につけるためには、「朝、気持ちよく起きる」「玄関とトイレの掃除をする」「姿勢を調える」「“ながら寝”をやめる」「見直す習慣をつける」「お金は、稼ぐときより、使う時に心を配る」「“たかが”に心をくばる」などの日々の心がけからです。


坐禅会に申込者殺到。安倍晋三首相、中曽根元首相も参禅する禅寺の住職から、悩める現代人へ、渾身のメッセージ。

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント3% 17pt
622 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい