• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

ウツは心の先導者。きっと本書はあなたを少し自由にする。10分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 佐野佐清 MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2016年02月05日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

10分で読めるミニ書籍です(文章量9,000文字程度=紙の書籍の18ページ程度)

【書籍説明】
これから私は、鬱病や様々な気分障害を現に苦しんでいる「あなた」に向かって、語り掛ける。
虚しくてやりきれない日々を持て余しているあなたに向かって、語り掛ける。
本を手に取る程度の気力があれば、数分だけでも目を通してほしい。

私は二十代初頭から現在(二七歳)に至るまで何十回も自殺を考えた。
考えるだけでなく、実行にも移して失敗した。心療内科にも通ったし、薬も沢山服用した。
卒業直前だった大学も結局は中退した。何もかもが地獄よりも地獄的だった。
こうした本を書けるほどに回復した今になって思うと、あの最悪の時期を過ごせたのは、鬱に対する自分の観点を大きく変えたからだった。
鬱を克服するには、まずはウツを正面から受け入れ、そこから逆に何かを学び取る姿勢に徹するのが一番だ。
私が「うつ」を鬱でなくて、カタカナでウツとするのは、ウツを単なる人生の災難としてではなく、むしろ半ば人格的で親しみうる先導者として見なしたからだ。
ウツといる間は考えられないほど辛いが、その後には必ず、その辛さに見合うだけの収穫がある。
以下の各章が、少しでも実践上の参考になればと心底から願う。

【目次】
どん底にあるときは、ひたすら寝て過ごす
明日の早朝でも死ねるから今日は何とか生きる
あなたはウツに抜擢された
虚しさは中途半端が一番悪い
「これだ!」という確信を得る
本を読んで固着観念の網を脱する
白紙は心の解毒剤
背筋を伸ばして歩いてみれば心も陽気に歌いだす
日常をそのまま受け止めない
日常の解釈は限りなく自由

【著者紹介】
佐野佐清(サノサセイ)
一九八八年生まれ、石川県生まれ。
大学卒業の直前に重い抑うつ症を経験するが、五年間の苦闘の末に回復。
現在は質素ながら創作と著述活動に専念する日々を送る。
殊に禅思想と人間全般に関心を持ち、それらを主題とした論述原稿を書き溜めている。
眼精疲労が辛いときは落語やモーツァルトを楽しむ。
現在は野々市市に在住。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く
322(税込)