• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

銀座の歩き方。日本一のハレの日の舞台「銀座」の構造・性格を知る。10分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 mozartian MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2016年03月18日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。


【書籍説明】
“ハレの日、ケの日”をご存じだろうか。「知らないよ」という声が多いなら、昭和は遠くなりにけり……、
といったところだが、実は日本人にはとても馴染み深い言葉である。身近な例をあげてみよう。
「葬式」は? ハレの日? ケの日? 「結婚式」は? ハレの日? ケの日? 
これ、どちらもハレの日なのである(一部地域の考え方を除く)。
ハレの日とは、普段起こらないようなことが起きる日、ケの日とは、日常普段の日。
だから紅白幕がかかろうが、クジラ幕がかかろうが、どちらもハレの日。
そして、この日本でそこに赴くだけでハレの日になる、そんな街がある。
そう、「銀座」である。「銀座」は、大正デモクラシーあたりから発展し、戦中戦後を経て世界へと文化を発信する“粋な街”となった。
その「銀座」の歩き方を、ご紹介しよう。

【目次】
そこにいるだけで、ハレの日
まずは大通り
新しくなる中央通り5丁目~8丁目
“永遠のランドマーク”、歌舞伎座
大通りを一つ中へ入ってみよう
銀座の真骨頂、“路地裏”
銀座はすべてを教えてくれる
「銀座」での飲食で大切なこと

【著者紹介】
mozartian(モーツァルティアン)
大学卒業後、全国紙新聞社に7年勤務し、営業広告・記事執筆に携わる。
その後新聞社を退社し、宅地建物取引主任者、建築士資格、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーターを取得。

小学校から大学までラグビー部。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
322(税込)