神様のコドモ

  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 幻冬舎
作者 山田悠介
レーベル 幻冬舎単行本
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年03月15日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
対応端末

あなたはラストページで、戦慄するか? 涙するか?天上界から“神様の子”が見た、1話3分で読める42の物語。

僕は神様の子。暇に任せて雲の上から釣り糸を垂らすと、釣れた獲物は、逃亡中の殺人犯だった。
この男、死なすべきか、生かすべきか。僕は生かすことを選択した。その方が男にとって地獄だからだ。(「釣り」より)

僕には運命の赤い糸が見える。
余命三か月しかない一人の女性。彼女の赤い糸が、僕を悩ませる。僕はハサミを手に取った――。(「アカン糸」より)

夫を亡くした妻は、一万円札に小さなタンポポを描いた。この一万円札がもし自分の元に戻ってきたら、夫が会いに来てくれる、と願いを込めて。
そして二十五年後――。(「タンポポ」より)

反省しない殺人者には、死ぬよりつらい苦痛が。虐待を受けた者には、復讐のチャンスが。そして、愛する人を失った人のもとには、幸せな奇跡が――。
天上界から“神様の子”が見た、42の物語。
衝撃42連発。ルール違反の面白さ!
時代が求める才能がたどりついた! 究極のショートショート。

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント3% 17pt
622 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい