• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

ムーン・ドラゴンの謀略 ロビン・モナーク 下

 漫画
●ポイント3% 21pt
756(税込)
出版社 竹書房
作者 マーク・サリヴァン
レーベル 竹書房文庫
発行形態 書籍
発売日 2016年03月18日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

アメリカ・中国・インドで脅威の同時多発テロ発生か!? 謎の組織に誘拐された閣僚を救い出し、テロを未然に食い止めろ! この究極ミッションを遂行できるのは、この男ただ一人! 米大統領が頼ったのは、元CIAの大泥棒ロビン・モナーク―― 全米ベストセラー作家絶賛! アルカイダ、ムスリム同胞団、ヒズボラを遥かに超える組織―― 〈予言者の息子〉これこそが聖戦(ジハード)の未来なのか…… 「混じりっ気なしの、印刷されたアドレナリン」ジェームズ・ロリンズ 「スパイスリラーと犯罪小説の絶妙なブレンド」ジェフ・アボット 〈あらすじ〉〈ニアメ号〉の現場で発見されたメモから、バンコクに向かったモナークは、特殊部隊時代の戦友アーチー・ラサムと再会を果たす。 ラサムから得た情報を追ってクアラルンプールの武器商人テングーにたどり着いたモナークを待っていたのは、思いもかけない人物の裏切りだった。 ラサムこそが、ロートン国務長官拉致の一件に関わっていたのだ。 ラサムの必死の反撃でタトゥプとチャヴェスが銃弾に倒れるが、ついにモナークは香港犯罪組織<シン・トゥン>のボス、ムーン・ドラゴンが陰謀の首謀者だと突き止める。 一方、国務長官らの処刑の期限が迫るなか、世界各国で〈予言者の息子〉の攻撃が次々と勃発する。 果たして、ムーン・ドラゴンの真の目的とは……? ロビン・モナークと仲間たちの究極のミッションは達成されるのか!? ◎ロビン・モナークとは何者? ロビン・モナーク――幼くして孤児になり、ブエノスアイレス最悪のスラムで生き抜くために、盗みの達人となった。 ある争いで瀕死の重傷を負ってから生き方を変え、やがてCIAでもトップクラスの工作員に成長、不法侵入が伴う作戦には欠かせない存在となる。 だが、自らがリーダーを務めるチームと共に、ある作戦を遂行しているさなか、突然職務を放棄して、同僚への説明もないまま雲隠れしてしまう。 かつては兵士であり工作員でもあったモナークは、再び泥棒稼業に舞い戻り、大金持ちを標的に盗みを働いていた……。 〈泥棒の掟〉であり、「生き抜くための18のルール」を駆使して――
●ポイント3% 21pt
756(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く
756(税込)