小説花丸 紫陽花の城~偽りの主~4
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 白泉社
作者 藤龍河 麻酔
掲載雑誌 小説花丸
レーベル 小説花丸
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年04月08日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

出自に隠し通さねばならない秘密がある香苗城主の生駒幸次は、自分は城主にふさわしくないと内心思い詰めているために、夜毎悪夢にうなされ続けていた。唯一の救いは、その秘密を共に抱えてくれる年上の筆頭家老・西尾正之の存在だった。「命尽きるまでお傍から離れず、あらゆる災厄からお護りすると誓います」という正之の言葉にすがり生きてくるしかなかった幸次は、次第に正之を失うことを激しく恐れるようになり……。(「紫陽花の城~偽りの主~4」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.22に収録されています。重複購入にご注意ください)

ポイント3% 6pt
216 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ