今際の国のアリス(18)

 漫画
●ポイント3% 12pt
453(税込)
出版社 小学館
作者 麻生羽呂
掲載雑誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発行形態 コミック
発売日 2016年05月20日
カテゴリ 少年漫画
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

「げぇむ」を「くりあ」しないと
死ぬ世界「今際の国」。
幾多の死線を乗り越えてきたアリスは、
ついに最後の「げぇむ」に挑む!!
ウサギと共に立ち向かう、最後の敵はミラ!!
美しきバラ園で繰り広げられる
「くろっけぇ」の心理戦に、
アリスは最悪のピンチに…!! 
勝負の行方は、はたして――!?
そして「今際の国」の謎が遂に明らかに!?
魂揺さぶる戦慄のサバイバル・サスペンス、
感涙必至の最終巻!!
●ポイント3% 12pt
453(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 0
★★★★☆ ■ 2
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★☆ 4.00点/レビュー数2
4

ドキドキハラハラ

2018-12-27 By さん

様々なジャンルのゲームを、頭脳を駆使して攻略していくのが、この漫画の面白いところ。
また頭脳戦も難しすぎず、ちょうどいいレベルなので非常に取っ付きやすい心理戦漫画となっています。頭の弱い僕でも読みやすかった。

今際の国のアリス(紙書籍) についてのレビューです

4

デスゲームものの中でも隠れた名作

2014-12-08 By さん

あまり知られてはいませんが、この作品はどのデス・ゲームものの漫画よりも泣けます。
謎が多い世界に迷い込んだ主人公たちは生きるためにゲームを繰り返していかなければならない。このコンセプトはありきたりのようではありますが、登場人物たちが一癖も二癖もあり、またそれぞれにとても切ないエピソードがあります。とくに3巻の、極限の現状のなか、主人公たちがとった行動と、首謀者の思惑が見事に絡みあったシーンは鳥肌が立ちました。

今際の国のアリス(紙書籍) についてのレビューです

453(税込)