• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

妻の理不尽な喜怒哀楽も心理学で理解すれば、いつまでも仲良くできる。男から見た女編。20分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 山代すず MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2016年05月13日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)


【書籍説明】
私はカウンセラーという仕事をしています。多くの人が様々な悩みをもって、カウンセリングルームにやってきます。
うつ病で休職しているお父さん、不登校の息子、更年期症状に苦しむお母さん…。
その中で時々、こんな悩みを聞きます。

「うちのダンナは気がきかない。私が苦しんでいるのに気づかないんです」
「うちの息子は学校であったことを全然、話してくれないんです。
娘はすべて話してくれるのに」

そんな時、感じるんです。
これは、うつ病とか不登校とか更年期障害とか、そういう悩みじゃないぞ。
これは男女の違いによる“すれ違い”だぞ、と。

カウンセラーをやっていると、男女の脳は形が違うこと、場面別の活性化部位が違うことは、当然のように扱われています。
ですが、一般には脳の形が男女で違うことすら、浸透していないようです。
相手のことを自分と同じように考え、理解に苦しんでしまうのです。

この本では私がカウンセリングルームで経験した「男女のすれ違い」を解説し、「うまくいくコツ」をアドバイスさせていただこうと思います。
もちろん、男女といっても、「男っぽい女」「女っぽい男」もいますので、ステレオタイプ的に無理やりすべてが当てはまることはないと思います。
ただ、「あっ、そういうことってあるなあ」と少しでも感じてくだされば幸いです。

本書では、「男から見た女編」として、男性の立場から見た女性について、その行動と心理を「喜・怒・哀・楽」のシーン別に説明します。


【著者紹介】
山代すず(ヤマシロスズ)
心理カウンセラー。
臨床発達心理士、シニア産業カウンセラー資格を有する。
学校、病院でカウンセリング経験を積み、現在は琵琶湖の見える関西の県でカウンセリングルームを開業。
対面、電話、Skypeなどで様々な悩みの相談に対応している。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く
322(税込)