あたりまえのぜひたく。 魚愛が試される、それが煮魚。
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 幻冬舎
作者 きくち正太
レーベル 幻冬舎単行本
発行形態  コミック
最終巻発売日  2016年06月22日
カテゴリ 青年漫画
タグ -
つぶやく
対応端末

めっちゃくちゃ美味え~~!!! これが自宅で食べられるなんて幸せすぎ!!
今すぐ食べたくなる、作りたくなる至福のコミックエッセイ

普段日常の台所だから出会える、美味しさが待ってます。

毎度、作品のネタ探しでマンガ家・きくち正太の手を煩わす担当編集者は、ちょっとウルサイ厄介者。でも、そんな輩を瞬く間に黙らせてしまうのが、おかあさんとのコンビで作るきくち家の酒食の数々。

朝、きくち家は急須で淹れたお茶で始まります。そして、昼過ぎにはお買い物。
魚屋さんで獲れたて新鮮な魚を見つければ「旬のお刺身」が、
お客様がいらっしゃるとなれば「スペシャルおでん」が、夜の食卓を埋め尽くします。
ちょっとしたひと手間が「食マンガ家」の家めしレシピの隠し味───もう、美味しすぎます!!

<収録作品>
一匹まるごとのご馳走感「尾頭つきの煮魚」、
生しぼり果汁に炭酸を効かせた「ジンのロングカクテル」、
塩糀で漬けた胡瓜が決め手の「ポテトサラダ」、
香り立つ、ふっくらジューシー「豚のしょうが焼き」、
自家製カレー粉の秘密公開「夫婦善哉カレーライス」───ほか、全10編
◇単行本特別描き下ろし編 「夏も近づく、至福のお茶漬け」収録◇

ポイント4% 35pt
950 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ