「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
出版社 マガジンハウス
作者 池田千恵
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年07月12日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

●内容紹介
「朝4時起き」生活になると、こんなことが起こります!
・じっくりと考える時間が増える!
・「段取り力」が備わる!
・仕事がスムーズにこなせるようになる!
・残業をせずに、定時に帰れるようになる!
・趣味の時間が増える!
・家族や友人との関係が充実する!
・「攻める」姿勢に生まれ変わる!
一人の落ちこぼれOLは、「朝4時起き」を習慣化したとたんに、仕事もプライベートも充実した新しい人生を突き進み始めた。「ワタミ」で鍛えられ、外資系コンサル会社で学んだ自身の体験をベースに、実践的「最適ワーク・ライフ・バランス」のつくりかたを、同世代のビジネスパーソンに伝えたい!
●目次
第1章 少しでも楽に朝4時起きをするには?
 1.朝4時起きを楽勝にするための「割り切り」
 2.朝4時起きを楽勝にするための「仕組み化」
 3.自分の睡眠パターンを把握する
 4.失敗した! というときはどうする?
第2章 そもそも私が早起きを始めた理由
 1.早起きのきっかけ~挫折からの脱却!
 2.メリットがあるから4時起きを続けられる!
第3章 4時起きで得した時間を仕事に活かす
 1.ワタミで学んだこと、実践したこと
 2.外資系コンサル会社で学んだこと、実践したこと
第4章 4時起きで最適なワーク・ライフ・バランスを!
 1.「24時間仕事バカ」より「遊びが仕事、仕事が遊び」を目指そう
 2.仕事を遊びに変えるための、ちょっとしたコツ
第5章 ワークとライフを上手に融合させる方法
 1.手帳によるスケジュール管理
 2.PC上のカレンダーも活用
 3、その他のグッズ活用法
 4.朝の準備も効率的に工夫する
●著者紹介
池田千恵(いけだ ちえ)
Before 9 プロジェクト主宰/CONECTA代表。
年間720時間の朝勉強で夢をかなえる「朝のスペシャリスト」。福島県生まれ。2度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。起業家精神を鍛えるため、ワタミ入社後、外資系戦略コンサルティング会社に転職。一方、朝の時間を活用して趣味の飲食の資格を複数取得し、教室を開催。2008年に独立。朝の始業前の時間を有効活用する大人の学び場「Before 9 プロジェクト」を主宰。
Before 9 プロジェクト公式サイト http://before9.jp/

ポイント3% 13pt
500 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ