• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

小学館ジュニア文庫 もしも私が【星月ヒカリ】だったら。

 漫画
出版社 小学館
作者 村上桃子 松浦麻衣
レーベル 小学館ジュニア文庫
発行形態 書籍
発売日 2016年08月12日
カテゴリ ライトノベル 一般書籍
タグ -
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

もしも、アイドルになれたなら・・・!

星月ヒカリのことなら、アイドルに詳しくない人でも知っている。大きな目にくるんとカールしたまつげ・・・。パーフェクトなのは、顔だけじゃなくてスタイルも、歌唱力も、ダンスだって・・・。
まさに、“神アイドル”なのだ。

高校一年生の朝比奈真琴は、いわゆる“女の子”というより、“男前”っていう言葉がピッタリくる、陸上一直線な体育会系。
身長はそこらの男子より高いし、ご飯だって、男子より食べる。
でも、そんな真琴が星月ヒカリのことを意識するのは、幼なじみの陽太のせいだってことは、誰も知らない。

実は真琴は陽太に初恋中。でも、陽太はっていうと・・・何かにつけて「星月ヒカリ」を連呼するほど、今をときめくアイドルに夢中になっている。
星月ヒカリとはほど遠い真琴。自分も星月ヒカリだったら、陽太と両思いになれると思い、星月ヒカリになりたいと強く願った瞬間・・・流れ星に包まれて・・・なんと、真琴は星月ヒカリの姿になっていた!!

星月ヒカリになった真琴は、果たして陽太と両思いになれるのか!?
実際にアイドルとして過ごした真琴が出した結論とは?
女の子なら誰でもいちどは想像したことがある、「もしも自分がアイドルだったら」という思いを叶える、マジカルでファンタジーなお話です☆

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。
ポイント3% 19pt
702 税込

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く