皇太子の淫靡な束縛-仙女は禁断の桃源郷へ堕ちて-【書下ろし・イラスト10枚入り】
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 Ai digital publishing
作者 麻倉とわ 有馬かつみ
レーベル トパーズノベルス
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年08月26日
カテゴリ ライトノベル 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

仙女の紫珠は逃げた霊猫を追って、仙境から下界へ迷い込む。運悪く賊に捕まり霊猫を人質に取られてしまった。斉里国の皇太子・斉陽亮の暗殺を命じられた紫珠は、夜伽を装い宮殿に潜入する。しかし陽亮に見破られ失敗に終わる。「誰の命令だ? 話すまで何度でも犯してやる」両腕を縛られた紫珠は抵抗できない。夜着を脱がされ、たわわな乳房を弄られる。「乱暴にはしないが、容赦もしない」そう語り、陽亮は紫珠の秘所へ手を伸ばす。

ポイント4% 36pt
972 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ