俺のがヤバイ
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 飛鳥新社
作者 滝原勇斗
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月02日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

東出昌大さん、大推薦!!
「全部面白い。ほんとにみんなに読んでほしい!!」

巻末には特別対談を収録!(「東出昌大、滝原勇斗に訊く」)

【目次】
自分の器からはみ出そうとした凡人
川の字せせらがず、いきなり激流
東京に転がる屍と、それを越え一握りになる為に
蛍光ペンのインクは切れた、それでも
無鉄砲不発、渋谷の空に散る
マ行の大物から受けた恩恵
光のシャワー、まぶし過ぎ
好きだったあの子の好きだった歌
源流の悲しみをさらに辿れば
思い出のお墓に手を合わせうたう歌
音楽より切れ味の鋭い祖母の言葉
リングが原宿だった頃
俺のがヤバかった
グランドとスタンド、えぐり込む筆圧
腐れ縁の二人、まとめて木っ端微塵
半端じゃない仕事、半端じゃない拍手
銭の話も〇〇〇の話も汚くない
じいちゃんも知らぬ村の幻の方言
思春期、生身の女、事件は現場で
それぞれ織り成す暮らしの中(ワールドワイド篇)
命は贅沢に使おう。命は
少し似た香りのお前に贈る
自分に勝つ為、他人に勝つ
生き甲斐で稼ぐ金の為
臆病者から偽善者への昇格
俺は俺の夢を笑わない

ポイント4% 44pt
1,199 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ