ラグビー日本代表 1301日間の回顧録
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 カンゼン
作者 斉藤健仁
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月02日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

二度と来ない4年間、二度とやりきれない4年間。
ラグビー日本代表選手たちは今、何を語るのか…

“今だからこそ”語れる真実がここにある。
代表戦士たちがW杯当時と今の“本音”に迫るインタビューを多数収録

2011年12月末のことだった。2012年から日本代表ヘッドコーチにエディー・ジョーンズ氏が就任することが発表された。

「世界も日本も知る名将」は2019年に日本開催のワールドカップを控え、
2015年ワールドカップで24年ぶりの勝利を目指す日本代表のヘッドコーチとしてこれ以上ない選択肢だった。

個人的にも「エディーなら何かしら、してくれるはず」という信念の下、4年間、全57試合を現地取材。
エディーJAPANは、時には朝5時から4部練習を行い、海外への移動日ですら3部練習をやった日もあった。
そして2012年から日本ラグビーの歴史を次々に塗り替えた。
テストマッチで11連勝を達成、世界ランキングは一時期、過去最高の9位まで上昇した。
2015年には宮崎をベースに120日間にわたる合宿も敢行。鍛えに鍛えてきた。
そんな中で迎えたのがワールドカップだった。

予選プール初戦、日本ラグビー史上初めて優勝2回の南アフリカ代表と対戦。
見事なラグビーを披露し、34-32で撃破。日本代表とっては24年ぶりのワールドカップの白星となった。
3勝1敗としながら、勝ち点差で準々決勝に進出できなかったが、20チーム中9位で帰国。
2011年の就任会見「トップ10に入る」といった指揮官の言葉は、まさしく現実となった。

本書は就任会見、そして2012年3月19日の初のエディーJAPANのメンバー発表から、
2015年10月12日の現地の総括会見までの1301日間、節目の試合を中心に監督や選手の肉声をピックアップし、
「ブライトンの歓喜」につながる濃密な4年間を振り返った。

指揮官の熱意、プランニング、準備、何より選手が指揮官、コーチ陣を信じてハードワークしたからこそ、
歓喜の瞬間を迎えることができた。それがこの本を通じて伝わればうれしく思います。

ポイント5% 76pt
1,652 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ