シアワセノカタチ 39歳からの不妊治療
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 ガイドワークス
作者 ルミコ
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月09日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「『不妊症』とは、心の病だと思う。子供が欲しいと思ってしまったばかりにかかってしまった病。努力しても叶わないことに落ち込んで、検査の結果にダメージを受けて、他人の妊娠出産に自分を重ねて暗くなり、1ヶ月のあいだにやる気が出たり沈んだり。死ぬわけじゃないし、治療しなければ痛みだってない。望まなければ気づくことさえないやっかいな病。欲しいと思って叶わない瞬間からが病の始まりだった」(本文より)

20代~30代を仕事と趣味に生きてきたルミコは、36歳で結婚。日々に追われそれなりに幸せで充実した結婚生活の中で、ふとよぎる「子供」「妊娠」「出産」そして「不妊」というワード。結婚をして子供を持つのが夢……というわけでもなかった。まだ自分自身の人生を楽しみたいような気もする。本当に子供が欲しいのか明確な答えは見つからないまま30代も残りわずかとなり、出産のタイムリミットに背中を押され、不妊治療の世界へと足を踏み入れます。

☆電子書籍版あとがき付

【目次】
◇プロローグ
◇Part1:不妊なの?
◇Part2:40歳の不妊治療
 不妊治療の基礎用語1
◇Part3:初めて灯った光
◇Part4:不妊の迷宮
◇Part5:卵巣の余命とステップアップ
 不妊治療の基礎用語2
◇Part6:体外受精、初めて物語
◇Part7:これからどうする?
◇Part8:迷いのトンネルの中
◇Part9:最終チケット
◇Part10:さよなら、不妊治療
◇Part11:シアワセノカタチ
◇エピローグ

【著者プロフィール】
ルミコ(本名・島田宣子)。フリー文筆家。昭和女子大学短期大学部卒業後、編集プロダクション勤務を経て現在に至る。女性誌・音楽専門誌・実用情報誌など、雑誌媒体を中心にインタビューやコラムを多数執筆。著書に『頭のいい女、悪い女の話し方』『ことば美人』(宝島社)、『好かれる人の魔法の言葉』(こう書房)、他。

ポイント4% 36pt
972 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ