カカリが変われば碁が変わる 5手目で差がつく序盤の考え方
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 マイナビ出版
作者 石田芳夫
レーベル 囲碁人ブックス
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月09日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

序盤力向上のポイントは「カカリ」にあり!

普段何気なく打っている「カカリ」。実は、カカリ方によって有利か不利かの差がついてしまいます。カカリは一局の骨格を決めるものなので、間違えると、不安定な土台のまま序盤が進行してしまうのです。場面によっては、「絶対に打ってはいけない」カカリ方もあるので要注意です。高いカカリと低いカカリ、それぞれの特徴を覚えて使い分けられるようになれば、序盤力は大きく向上したと言えるでしょう。あまり差が出ないと思いがちな「カカリ」ですが、本書で勉強すればライバルに序盤力で大きな差をつけられるとお約束します。

ポイント4% 50pt
1,373 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ