なにもしていないのに調子がいい ふだんの「呼吸」を意識して回復力を高める
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
作者 森田敦史
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月06日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

かくいう私も20代前半までは不調だらけでした。
13歳のときにクローン病という腸の難病(特定疾患)を患い、チック症、自損、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・腰椎椎間板ヘルニア、両股関節骨折、関節の炎症や変形など心身に関わる病気を数多く経験してきました。

そんなときに、あることに気づきます。

ある呼吸の仕方をしていると、苦痛が和らぐということです。

さまざまな治療法や健康法で結果が出なかったこともあり、もう病気を治すとか治さないではなく、「自分がいかに楽にいられるか?」という視点に立って、徹底的にその呼吸の仕方で毎日を過ごすようにしました。
これが呼吸を整えるという作業です。

呼吸を整えて過ごすと、あれだけ酷かった症状は1年も経たないうちにほとんどなくなってしまったのです。それ以来、今に至るまで15年以上、症状は出ていません。
また、症状が改善しただけではありません。集中力や体力、疲れにくさなど仕事のパフォーマンスも上がりました。1日15時間働いても次の日に疲労が残らない。そんなことも起こったのです。

1日1回の「静」の時間として呼吸法を取り入れ、それを基準に1日3万回とも言われるふだんの呼吸を整えていく。
それが本書の内容です。

自分の心身すべてに関わる呼吸。
それは、いってしまえば、自分自身そのもの。
呼吸を整え、ケアするということは、「ふだんの自分をいかに洗練させていくか?」というテーマにもつながっていきます。

最終的には、特段何も意識せずとも、呼吸を整えている状態が“当たり前”の状態になります。「ただ在る」というだけで「なにもしなくても」呼吸を整えていられる自分になるということなのです。

ポイント4% 46pt
1,244 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ