風と共に去りぬ(五)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 グーテンベルク21
作者 マーガレット・ミッチェル 大久保康雄 竹内道之助
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月16日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

いまはアシュレに対する思慕もうすれた。メラニーが死んでからアシュレははっきりとスカーレットに心を寄せていたが彼女のほうではかえって恋もさめた。だが「レットこそ自分の魂なのだ」とスカーレットが気づいたとき、皮肉にも彼の心は彼女を離れ、バトラーは人が変わったように二人のあいだに生まれたボニーへすべての愛情を注ぐのだった。そのボニーがふとしたことで死んでしまうと、虚脱したバトラーはすべてに興味を失い、家もスカーレットも捨てて旅立っていく。スカーレットは悲しみに打ちのめされながらも、生来の自尊心が頭をもたげてくる。「私はもう一度バトラーの愛をとりもどしてみせる。でもいまはあまりにも疲れている。あすはまた、あすの陽が照るのだ……」

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 21pt
756 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ