小村寿太郎とその時代
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 PHP研究所
作者 岡崎久彦
レーベル PHP文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月16日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

明治維新から日清・日露戦争を経て、「世界の一等国」の仲間入りを果たした日本。イギリスとの条約改正を成功させ、三国干渉を素早く収拾するなど、近代日本の外交の礎を創り上げたのが陸奥宗光ならば、日本の存在をさらに押し上げたのは、陸奥宗光に見出された、この小村寿太郎であるといってよいであろう。英米の力を背景にロシアに対抗し、その後、日本独自の大陸進出を目指した小村であったが……。小村が負わされた外交は、必ずしも順風の中での外交ではなかったのである。本書は、興隆期日本の命運を背負った小村の生涯と日本の近代化の過程を、あくまで客観的に描いた、力作評伝であり、近代史の研究書でもある。小村がこの世を去ったのは明治44年11月のこと。翌年、明治天皇は崩御し大正時代を迎える。明治日本の外交を担った男に運命的な何かを感じるのは、著者だけではないだろう。著者のライフワーク「外交官とその時代」シリーズの第二弾。

ポイント3% 20pt
749 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ