「世界大波乱」でも日本の優位は続く
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 PHP研究所
作者 長谷川慶太郎
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月16日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

「いまや、世界は総崩れだ」と著者は言う。イギリスのEU離脱によってEUの理想は崩れた。移民・難民問題ばかりでなく、銀行問題もヨーロッパ全体を苦しめている。日本の周辺を見渡すと、北朝鮮は暴走状態で、それを抑える役割の中国も内部から完全に崩れつつある。行き詰まった中国は国際ルールを無視した海洋進出をし、裁判の判決にも従わない。ロシアもクリミアで平然と国際ルールを破った。その経済制裁もあり、国内は非常に苦しい状態で、年金生活者は困窮状態だという。アメリカは内向き傾向が強まり、世界の安全に関与しなくなってきた。国内では、移民排除を唱える大統領候補が出てきて、国民は分裂状態にある。なぜ世界は、そのように変質したのか。日本は安泰なのか。だとすれば、それはなぜなのか。各国の歴史的背景を踏まえながら、日本が世界をリードする時代になっていくことを多角的な視点から分析し、論じる。

ポイント4% 44pt
1,199 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ