知ってる古文の知らない魅力
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 講談社
作者 鈴木健一
レーベル 講談社現代新書
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月23日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

「つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて……」徒然草の有名な書き出しは、実は兼好法師のオリジナルじゃなかった!? 「つれづれなりし折……」(和泉式部)、「つれづれに侍るままに……」(堤中納言物語)、「つれづれのままに……」(讃岐典侍日記)など、平安時代の定番フレーズがその源にあった。古典文学の大河の間にまに掬い上げられる名句から、新たに生まれる流れを辿ってゆく。

ポイント3% 18pt
648 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ