お金持ちはどうやって資産を残しているのか
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 あさ出版
作者 清田幸弘
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月20日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

あの辣腕経営者、小山昇社長(株式会社武蔵野)も、絶賛!

「こんな方法もあったのかと驚いた。
多額の税金を払わず資産を残し、事業を残すヒントが
この本には詰まっている。
私もこの本の方法で、さまざまな対策を打っている」


経営者、地主、富裕層……
これまで2000人以上の資産家の財産を守ってきた、
すご腕の税理士が「本物のお金の残し方」を伝授。

?? お金持ちは、本当にタワーマンションを購入して節税しているのか

?? どうしてお金持ちは会社をつくって社長になるのか

?? なぜ、億単位の資産を、税金ゼロで渡せるのか

大増税時代の今、「普通の人」も知らないとソンをする話が満載。


■目次

第1章「お金持ち」とは、どんな人か?

第2章「お金持ち」がいちばん嫌いなもの


第3章「お金持ち」はどうやって資産を残しているのか

第4章「お金持ち」の事業の残し方

■著者 清田幸弘(せいた・ゆきひろ)
ランドマーク税理士法人 代表税理士
神奈川県横浜市の農家に生まれる。明治大学卒業後、地元農協に9年間勤務。金融・経営相談業務を行ったのち、税理士に転身。1997年に清田幸弘税理士事務所を設立、その後、ランドマーク税理士法人に組織変更。自身の生まれと農協勤務経験を活かした相続コンサルティングには定評があり、過去に手がけた相続税申告件数2,000件超は全国でもトップクラス。また、資産家、金融機関、不動産会社、税理士向けにセミナー講師を年間230件以上手がけている。著書は『そろそろ相続のこと、本気で考えないとマズイですよ!』(あさ出版)など多数。
ランドマーク税理士法人は、東京・丸の内の無料相談窓口「丸の内相続プラザ」、横浜ランドマークタワーをはじめ、首都圏に10の本支店を展開。申告件数はもちろん支店数、国税OBを含む社員数(資格者多数)、発行書籍数、実施セミナー数の多さは、他に例を見ない。また、相続・事業承継案件に強く、税務調査が少ない(全国平均22%に対して1%)ことでも注目を集めている。

ポイント5% 70pt
1,512 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ