魔法医師の診療記録4
出版社 小学館
作者 手代木正太郎 ニリツ
レーベル ガガガ文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月30日
カテゴリ ライトノベル 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

クリミアのスランプ。魔術を失った彼女は。

古代インスマ文明の発祥の地、インスマ砂漠。
灼熱の地に現れた人魚の死体。それに呼応するように、見たこともない海の夢を見始める砂漠の人々。

スランプ脱出のために、インスマ砂漠に拠点を置く魔法医学史の権威・ハーネマンの元に訪れていたクリミアは、住人たちを治療しようと主張し続けるが、魔術を使用できなくなった彼女に為す術などない。
さらに彼女の隣には、常にあったはずのヴィクターの姿がない。
そこに、人魚の噂を聞きつけた、悪名高き解剖医ヴァネッサ・キャスパーが訪れる。再会する二人。深まる人魚の謎。

片や結社の病院に一人残されたヴィクターは、クリミアを求めて旅に出る。

インスマ砂漠を取り巻く謎を追うクリミアとヴァネッサ。
ドゥンに冒されながらも旅を続けるヴィクター。それを支えるイングリド。

そんな彼らの影で、ついにラー聖教が擁する最強の〈鉄鎚〉ラ・ピュセルが動き出す。
黙示録の悪魔を殺すために存在する彼女の存在は、クリミアとヴィクターの旅、そして二人の関係にどのような危機をもたらすのだろうか。

魔法医師の結社と教会の意外な関係。
そしてヴィクターが罹患した妖病が、世界にもたらす影響とは。

魔法医学史の根底を覆す、第4集。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 19pt
712 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ