氷の轍
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 小学館
作者 桜木紫乃
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月27日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。

二人デ居タレドマダ淋シ、
一人ニナツタラナホ淋シ、
シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、
シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。
(北原白秋「他ト我」より)

 北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。

北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。

ポイント5% 71pt
1,555 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ