川柳作家全集 弘兼秀子
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 新葉館出版
作者 弘兼秀子
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年09月30日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

喜怒哀楽を受け止めてくれる十七音に惹かれて高校生から川柳をはじめ、制服姿で句会に参加していたという著者。その情熱は未だ衰えることを知らず、活動の幅はますます拡がっている。
本書は昭和五十五年頃から三十年間の作品を年代別に編んだ作品群であり、真摯な姿勢で川柳に、人生に向き合う著者自身が一句一句に宿る。読み進めていくと母そして妻、社会の中の一人、書家としての顔、さまざまな著者が立体的に浮かび上がってくる。「母の小旗」「和音」「さくら道」の三章構成。

《塩も砂糖も心配りで煮えている》
《ふともれた本音を聞いた耳の穴》
《ヘナヘナとさせる塩なら持っている》
《あと一歩押せば火がつく導火線》
《あいまいな返事を口の中でする》
《ひらめきを発酵させているごろ寝》
《サイコロは振れぬ告白遅すぎる》
《ころころと転がって来たこれが運》
《ていねいに洗いなかったことにする》
《心電図ほらねやましさなどはない》

ポイント4% 32pt
864 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ