睡郷の獣
出版社 幻冬舎コミックス
作者 和泉桂 サマミヤアカザ
レーベル リンクスロマンス
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月10日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

獣人と人間が共存し鎖国を続ける国、銀嶺。獣人は人を支配し、年に一度、睡郷で「聖睡」と呼ばれる冬眠をする決まりだった。ニナは純血種の獣人で、端整な美貌と見事な尻尾を持つ銀狐だが、父が国王に反逆した罪で囚われ、投獄されてしまう。命とひきかえに、その身を実験に使われることになったニナは、異端の研究者であるレムの住む辺境の地へと送られる。忌み嫌われる半獣のレムにはじめは反発していたニナは、その不器用な優しさに触れていく中で次第に心惹かれてゆくが、次第に実験を命じた王に疑念を抱き…。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

ポイント4% 37pt
1,000 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ