王の二つの身体 下
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 筑摩書房
作者 カントーロヴィチ 小林公
レーベル ちくま学芸文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月14日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

有機体論が国王二体論へと移行するためには、時間観念の導入が要請される。王が団体の頭であるにせよ、団体そのものであることは含意しないし、また団体の永遠性を保証はしないからである。団体観念を時間的に構成することで初めて、連綿たる王朝が恒久的な団体として、王がその体現者、不死鳥にも似た単独法人として捉えられ、ここに、個々の王の自然的身体からは独立した、非人格的な政治的身体が秩序の基盤となる近代国家が生まれる。王権の擬制的性格を克明に跡づける著者の筆は、ダンテ『神曲』の分析に至って、処女作に見える理想的支配者への憧憬を漂わせながら、円環を閉じる。全二巻。

 
1冊単位で買う
 
ポイント4% 52pt
1,404 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ