英米哲学史講義
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 筑摩書房
作者 一ノ瀬正樹
レーベル ちくま学芸文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月14日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

英米哲学の諸潮流は、「経験」を基盤に据えるという発想に導かれている。それは、ロックやヒュームらの「経験論」を共通の源泉とするためだ──。ベンサム、J.S.ミルに発する「功利主義」。フレーゲとラッセルを先駆に、ウィトゲンシュタイン、クワインをへて現代に連なる「分析哲学」。パースが提唱しアメリカを体現する思想となった「プラグマティズム」。そして、ロールズやノージックらの「正義論」。本書は、こうした英語圏の哲学的系譜を、経験論を基点として一望のもとに描き出す。主要哲学のつながりを明快にとらえる、入門書決定版!

ポイント4% 42pt
1,134 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ