毎朝1分読むだけ貿易書類の習慣整理術。オフィスデスクが片付く、仕事が捗る。探すムダ時間がなくなる。毎朝1分読むだけシリーズ
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 まんがびと
作者 姉崎慶三郎 MBビジネス研究班
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月14日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満=紙の書籍の22ページ程度)


【書籍説明】
この会社は機械関連の製品を生産販売する企業である。
売上の大半は国内販売であるが、輸出チームについては、男性Aさんと女性Bさんの2名で運営し、輸出の売上高はここ数年会社全体の1割程度で推移している。
この会社でも企業のグローバル化は避けがたい方向なので、会社は新入社員を採用して、教育を施し、長期的に海外に通用する人材を育成し、輸出部門を拡大する方針である。

このような方針に沿って、このたび新人男性1名が輸出チームに配属されることになった。AさんとBさんは、どのような指導をするかを議論する。

「整理整頓のできる人間にしたいわ」とBさん。
「そうだね。ぼくは整理がへただ」とAさん。
「それと何より実務を知って営業をしてほしいわ」
「うっ!きびしい!オレのことか?」
「実務を知らないと、周りが苦労するわ」
「それはそうだ。でも事務屋にしたくない」
「それもそうね。前向きの営業力もあるし、後ろ向きの処理能力もある。これが理想ね」
「そうだね、オレは前向きばかりでいつもBさんのお世話になっているけれど、両方できるタイプにしたいよね」
「それこそ海外駐在員のタイプだと思うわ」
「ポイントは実務を知らない頭でっかちにしないことだと思う。そのためには貿易のリクツから学ぶのではなくて、『貿易実務の整理術』という観点から、
目の前にある書類やファイルから学んでもらい、だんだん営業的なセンスを磨いてもらい、いずれは海外駐在員を目指してもらいたいと思う」

というわけで、本書は、貿易部門に入ってくる新人が頭でっかちならないために、貿易実務の整理を可能にする具体策と、前向きの営業力の増強にもなるような具体策も提案する。
毎朝1分読むことを継続することによって、貿易実務と営業力を身につけ、将来海外駐在員を目指してもらうことを期待する。

さて、AさんとBさんが話していたら、新人のCくんがやってくるのが見えた。
それでは『貿易書類の整理術』を始めることとしよう。

ポイント3% 11pt
430 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ