君が僕を4 将来なにになりたい?
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 小学館
作者 中里十 山田あこ
レーベル ガガガ文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月21日
カテゴリ ライトノベル 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

真名がいた間、弱いのはいつでも私だった。

真名は姿を現すと、野良猫にでも近づくようにゆっくりと近づき、右手の人差し指を持ち上げ、まるで指紋を見せるかのように私の目の前に差し出した。私は左手の人差し指を、真名の指に重ねた。真名は野生動物のように微笑んだ――。

真名は街のショッピングセンターの商売繁盛の神様“恵まれさん”をしている。私は“恵まれさん”の“執事”。私は真名を愛することに日々を費やしている。一学期が始まって、父が沖縄から家に帰ってきた。そして真名と鉢あわせをした。父に真名との関係をすべて打ち明けると、父は真名にこう尋ねた。

「将来なにになりたい?」

変化の兆しが表れたのは六月末。真名がなんと、“恵まれさん”を引退すると言いだした。それは、真名が、この街を去ってしまう日が近づいているということでもあった。“恵まれさん”を引退した彼女は、とうとうお金に触れるようになってしまう。とたんに、彼女の外見と行動にも変化がみえ始め、私は動揺する。
そんな私と真名の目の前に現れたひとりの少女――それは私よりも昔、真名の“執事”を務めていた縁だった――。

耽美、哲学的百合小説。堂々の完結。
「君が僕を」のメッセージがいま、解かれる。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 17pt
615 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ