改訂版 天中殺占い入門
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 主婦の友社
作者 中村嘉男
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月21日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

12年に2年連続で訪れる「天中殺」を知ることで未来のあなたを知ることができる。幸福を引き寄せる最善の方法!
誰でもこの世に生を受けると、生年月日から6つの天中殺グループのどこかに入ります(戌亥、申酉、午未、辰巳、寅卯、子丑)。
12年を1サイクルとして、運のいい年、悪い年が巡るわけです。12年の間に2年連続で訪れるのが天中殺です。
この2年間は運が止まった状態、じっとしている方がいいといわれています。
天中殺の考えが日本に渡来したのは、豊臣秀吉が李氏朝鮮との間で展開した「文禄の役」「慶長の役」のころといわれています。
慶長の役を始めたとき、五星道人(中国から来日していた算命学の師)が「太閤は天中殺に入っている」と指摘していました。
その通りトップの秀吉が天中殺に入っている日本は苦戦。結局は秀吉の死をもって日本は撤退を余儀なくされました。天中殺のときに無茶をすると必ず敗れるという事例です。

ポイント5% 80pt
1,749 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ