宗教を物語でほどく アンデルセンから遠藤周作へ
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 NHK出版
作者 島薗進
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年10月18日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

神仏が素朴に信じられた時代から、それが相対化された現代に至るまで、なぜ人は宗教に心打たれ、支えられてきたのか? 今、この問いを解く鍵は、個々の教義や歴史ではなく、近現代に作られた物語の中にある。宮沢賢治、トルストイなどの宗教作家から、カズオ・イシグロ、西加奈子など現代作家の物語まで。「死」「弱さ」「悪」「苦難」という四つのキーワードを通して、宗教学の泰斗が宗教とは何かをやさしく解きほぐす。

ポイント4% 30pt
831 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ