ここで生きる 小料理のどか屋 人情帖15
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 二見書房
作者 倉阪鬼一郎
レーベル 二見時代小説文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月01日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

魚の目が怖いと怯える奇妙な料理人見習いは、大磯の船宿の跡取り!

江戸で唯一の旅籠付き小料理のどか屋に、同心が駆けこんだ。
大川端に書き置きを残して、のどか屋の見習いが消えたというのである。

江戸で二度の大火を経て、元侍の時吉とおちよの「のどか屋」は、これまで前例のない「旅籠付き小料理屋」となった。そこへ、大磯の網元船宿の跡取り由吉が見習いとして修業のためにやって来た。この由吉、料理の腕はそこそこなのだが、なぜか魚をさばく段になると、立ちすくんでしまう。魚の目が怖くて、かわいそうだというのである。そんなある日……。

《本書に登場する小料理》
・長芋の小判焼き ・鰹の皮の葱巻き ・白魚づくし 
・筍の姫皮の梅肉和え ・蕪と油揚げのほっこり煮 
・豆腐飯 ・心の茶碗蒸し ・鯛飯 ・平目の三種盛り
・胡椒飯 ・小鯵の南蛮漬け

 
1冊単位で買う
 
ポイント3% 21pt
756 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ