十万石を蹴る 居眠り同心影御用18
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 二見書房
作者 早見俊
レーベル 二見時代小説文庫
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月01日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

やくざが大名になる!?
世継ぎ騒動に揺れる美濃恵那藩から影御用。

十二歳で大名家を出された若君が十一年ぶりに帰った。長男が急逝したためである。
若君は果たして本物なのか。居眠り同心、捨て身の探索。

徳川譜代の名門、美濃恵那藩十万石の江戸藩邸から公用方の大浦喜八郎が、北町奉行所から帰途の蔵間源之助に、越中橋の袂で声をかけた。くれぐれも口外無用にと、内密の影御用を依頼してきたのである。元凄腕の筆頭同心で今は居眠り番と揶揄される源之助に、十二歳で大名家を出て十一年ぶりに帰ってきた藩主次男の真贋を探索してほしいというのである。

ポイント3% 21pt
756 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ