ローティ ──連帯と自己超克の思想
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 筑摩書房
作者 冨田恭彦
レーベル 筑摩選書
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月02日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

プラグマティズムの最重要な思想家として、いま再び注目を集めるリチャード・ローティ。その政治的・社会的言説は、『哲学と自然の鏡』等の論著が提示する近現代哲学批判と通底している。彼の哲学は、絶対的真理にすがろうとする「客観性志向」を思考停止として疑問視し、自らを乗り越えていくための力として言語を捉え直した。ローティ個人と最も密接に交流のあった著者が、多面的な思想を平易明快に解説し、哲学史の系譜のなかで一つの筋へと繋げて見せる、決定版解説書。

ポイント5% 72pt
1,566 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ