天皇と憲法
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 毎日新聞出版
作者 週刊エコノミスト編集部
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月02日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

天皇陛下が生前退位の意向を示した。テレビの前で国民に直接語りかける異例の「お言葉」。しかし、安倍政権はその気持ちに十分応えようとしていない。天皇と憲法について、国民が真剣に考えるときが来た。
 本書は週刊エコノミスト2016年8月30日号で掲載された特集「天皇と憲法」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
・第1部 “人間天皇”の重い決断
・現代天皇の権威の源泉 象徴を体現する「生き方」
・識者に聞く 保阪正康
・米歴史学者の視点 ハーバート・ビックス
・「生前退位」の現実性
・帝王学 戦後の教育体制の中で変化 理想の天皇像の模索と重圧
・82歳の天皇陛下 超多忙
・政治家の介入から天皇を守ることが国民の責務
・待ったなしの皇位継承問題 「女性宮家」で女系天皇に道筋も
・インタビュー 小林よしのり
・皇室の財布 天皇も相続税を支払う
・知っておこう 天皇は憲法と皇室典範にどう書かれている?
・明仁天皇を知る16冊
・第2部 憲法 いよいよ始まる改憲論議 “入り口”は緊急事態条項
・お試し改憲は政党政治を壊す 「改革」にだまされる国民
・自民党改憲草案を斬る
・先輩議員が喝
・明治憲法の流れくむ現行憲法
・民進、公明に聞く 改正論議にどう臨む
・成長の限界が生んだ「怪物」 現実主義が憲法をへし折る

【執筆者】
酒井雅浩、花谷美枝、橋場義之、保阪正康
ハーバート・ビックス、高森明勅、森暢平、伊藤之雄
河合秀和、種市房子、西岡隆彦、花谷美枝、酒井雅浩
金井暁子、中野晃一、青井未帆、古賀誠、村上正邦
瀧井一博、枝野幸男、北側一雄、週刊エコノミスト編集部
【インタビュー】
小林よしのり

ポイント3% 9pt
324 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ