サーキュラー・エコノミー--デジタル時代の成長戦略
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 日本経済新聞出版社
作者 ピーター・レイシー ヤコブ・ルトクヴィスト 牧岡宏 石川雅崇 アクセンチュア・ストラテジー
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月02日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

原材料の価格変動が予測できず、供給の不安定さに対応するコストが高まっている。その理由は、新興国経済が発展したことで、全世界的にエネルギーや原材料の需要が高まっているからだ。従来型の、資源を採取し、製品を生産し、活用し、廃棄する、という一方通行型のビジネスモデルを続けている企業は、競争力を失ってしまう。
<サーキュラー型・5つのビジネスモデル>
生産・消費型からサーキュラー型へビジネスモデルを転換・構築し、成功している企業を5つのモデルに分類。事例とともに紹介する。
1 サーキュラー型のサプライチェーン:再生可能な原材料を用いることにより、調達コストの削減や安定的な調達が可能になった。ソーラーパネルを店舗に設置したIKEA社ほか。
2 回収&リサイクル:廃棄を前提にしていた設備や製品を再利用することで、生産コストや廃棄コストを削減できる。「無駄ゼロ」施設を持つP&G社ほか。
3 製品寿命の延長:修理やアップグレード、再販売によって、使用可能な製品を活用する。エンジン部品を再製造するキャタピラー社ほか。
4 シェアリング・プラットフォーム
家庭にある製品の8割は、月に1度しか使われていない。消費者は、保有しているモノを貸すことで収入を得られるようになりつつある。廃車アプリを展開するUber(ウーバー)ほか。
5 サービスとしての製品
顧客は所有せず、利用に応じて料金を支払うビジネスモデル。走行距離に課金するミシュラン社ほか。

ポイント6% 150pt
2,700 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ